2019年05月01日

『脳を繙く』 甲府城南病院 桂川謙祐先生のこの一冊

『神経心理学コレクション 脳を繙く』
 著:M. R. Bennett /P. M. S. Hacker  訳:河村 満 シリーズ編集:山鳥 重/河村 満/池田 学
 医学書院 4,800円+税

51MYFkDiqwL._SX351_BO1,204,203,200_.jpg「脳を繙く」このタイトルが示すように、難解な神経心理学の領域に私を導いてくれた書籍です。入職してから11年が経ちますが、シリーズで出版されている医学書院の神経心理学コレクションを毎日読んで神経心理学について学んでいきました。神経心理学の領域は、まだまだ分からないことが多く難解であると共に、奥深さがありますが、シリーズ編集者の山鳥重先生、河村満先生、池田学先生の対談形式での内容が興味を惹いてくれました。昨年、高次脳機能領域の認定言語聴覚士の資格を取得しましたが、その礎を築いてくれたのもこのシリーズだと思っています。
 特にこの「脳を繙く」では、ミルナー、カンデル、ウェルニッケ、レヴェルト、ダーウィン、ダマジオなど神経心理学(認知神経科学)の各領域の変遷について、歴史を繙いていく内容になっています。10年前に出版されたこの本は、特に難しく未だに理解しきることができません。30冊あるシリーズのうち、何冊を読破し、自分の知識にすることができるか、皆さんも是非挑戦してみてください。


posted by st_yamanashi at 16:01| Comment(0) | 書籍(臨床) | 更新情報をチェックする

2018年04月17日

『失敗に学ぶ訪問リハ裏御法度!』 甲府城南病院 窪田 光先生のこの1冊

『失敗に学ぶ訪問リハ裏御法度!』
 大浜第一病院 宇田薫先生(編)、沖縄訪問リハビリテ―ション研究会ふかあっちゃ~(著)
 三輪書店 1,800円+税
 訪問リハビリ.jpg
 私が皆さんに紹介したい本は、大浜第一病院 宇田薫先生(編)、沖縄訪問リハビリテ―ション研究会ふかあっちゃ~(著)の「失敗に学ぶ訪問リハ裏御法度!」という本です。
 訪問リハビリでは1人で利用者さんの家に訪問し、何かトラブルがあった際にも1人で対応しなければいけないことがたくさんあります。実際、私自身訪問リハビリに関わる中で、日々様々な疑問があるものの、誰に聞けばいいのか分からない内容や自分自身の対応は合っているのかなど不安に思うことがたくさんありました。何から学んでいけば良いのかもわからない中、この本は、失敗談だからこそ共感できる場面や失敗を重ねないための対応方法が具体的に書かれており、自分自身の疑問の解決や今後気をつけなければいけない事を共感しながら学ぶことができました。
 現在訪問リハビリに関わっている人、これから関わる人、訪問リハビリに興味を持っている人におすすめの1冊です。
posted by st_yamanashi at 22:22| Comment(0) | 書籍(臨床) | 更新情報をチェックする

2018年01月19日

『パーキンソン病のための歌による発声リハビリテーション』 石和温泉病院 林 正裕先生のこの1冊

『パーキンソン病のための歌による発声リハビリテーション』
羽石英里著 春秋社 2,300円+税
表紙写真 林先生.JPG

 私から紹介させていただく本は、羽石英里先生著の“パーキンソン病のための歌による発声リハビリテーション”です。
 当院では、全国パーキンソン病友の会山梨県支部と��B1催で、月に1回、パーキンソン病教室が開催されています。そこで、パーキンソン病の患者様やご家族、医療・介護サービス関係者の方々と話しをする機会が多くあります。その中で、自分自身の知識や経験不足を実感し、改めて、パーキンソン病について1から学ぼうと考え、この1冊を手に取りました。
 本書は、パーキンソン病患者の支援にあたる専門職を対象に書かれており、音楽療法ボイスプログラム(MTVP)を支える理論的な背景や先行研究が紹介されています。そして、セラピストが実施するにあたり、実用的な手順や留意点が詳しく紹介されています。さらに、患者様が在宅生活の中で、自主訓練を行なえるような、実践方法が分かりやすく紹介されています。
 明日から、臨床の場で活躍する参考書として、心から推薦させていただきます。
posted by st_yamanashi at 14:52| Comment(0) | 書籍(臨床) | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。